真珠ブログ

南洋黒蝶真珠


みなさま、こんにちは。
福島真珠Jouer de Bonheurです。

本日は黒蝶真珠についてお話してみたいと思います。

「黒真珠」とは、黒い色をした真珠の総称で、グレーっぽいあこや真珠や染めたものも含みます。

いっぽう、「黒蝶真珠」とは「クロチョウガイ」とよばれる母貝から採れる10ミリ前後の大粒の真珠を指します。
クロチョウガイはおもにタヒチ島で採れ、別名「タヒチ」とも呼ばれます。

また、クロチョウガイは活動が活発で、珠が胎内でよく回転し、バロックといった変形した味わい深い形の珠が多く採れます。

ちなみに、あこや真珠・淡水真珠は、グレーやブルー系の天然色は存在しますが、真っ黒い色の珠はもともと存在せず、真っ黒いものはなにかしら加工しています。

話を戻しますね。
黒蝶真珠はカラーバリエーションが非常に豊富で、「緑や青を帯びた黒っぽい色」というのがより正確な表現かもしれません。
なかでもピーコックグリーンとよばれるカラーはピンクと緑の干渉色がしっかりはいったもので、名前のとおり孔雀の羽を想起させるような神秘的な色と輝きが魅力です。

「黒蝶真珠というとお葬式や法事しか使えないのでは?」とよくお客様から聞かれますが、けっしてそんなことはありません!

明るいグレーの黒蝶真珠などは夏場の白いシャツなどにもとてもよく似合いますし、フォーマルな場だけでなく、普段からぜひお使いくださいね。

********************************************
いかがでしたか。
ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

今日も素敵な1日をお過ごしくださいね♪

福島真珠Jouer de Bonheur

2018年3月8日